会社方針・ISO関連

社是

  • 歯車及び関連加工技術で世の中に貢献する
  • 環境保全を前提に企業活動を行う
  • 目指す会社:どんな歯車でも製作できるいい会社

社訓

以誠接人   以和計事   以魂貫志

キーワード

健康  志  知識  技術  実行

品質方針

(株)アラオカは、歯車及び関連加工において、組織・設備の全てを十分に活用し一人一人の能力を引き出し、最善を尽くすことにより、全従業員が、顧客の満足する品質の製品供給に取り組む。

当社は、品質の維持、向上のため品質目標(スローガン)を定め、そのための教育・訓練を計画的かつ 品質状況を見て臨機応変に行う。

また、QMSが、顧客や受注品の変化に対応することが出来るよう迅速な有効性ある改善を常に行うこと。

品質目標(スローガン)実行のため、システムの見直し・改善のためのレビューを積極的に行い、その伝達のため 朝の打ち合わせ・昼礼を利用し、スローガン・重要伝達事項は、反復して伝え続ける。

スローガン(品質目標)を品質状況に応じてレビューし、適切性の持続に努める。

新たに夢のある設備投資が稼働し始めました。
新設備を利用し、可能な限りの精度 品質をめざし
お客様に喜ばれる品物を供給するよう努めます。


この数年言い続けてきました
「出荷額ではなく、如何に効率よくものづくりをするか!」
                今後も、アラオカが求めていく事です。
作業・行動は、行う前に必ずこれでよいのか?と考えてから実行しましょう。
出荷額ではなく、付加価値が大事です。皆の連携で無駄の無い・密度の濃い集中した時間で確実に作り出すことです。
  • 2014年 1月 10日
  • 株式会社 アラオカ
  • 代表取締役社長 荒岡令治

環境方針

潟Aラオカは、地球上の日本に居を置く組織された精密小型歯車メーカーです。
小さな歯車を作ることで、世の中に貢献できることを信じ、潟Aラオカは、地球人の一員として地球規模に立った環境対策に同調し行動します。

潟AラオカのEMSは、全員の力量を教育・研修によりレベルアップし能力を引き出し、省資源・省エネルギー・廃棄物の削減努力を行い、環境汚染の防止に最善を尽くし、全従業員が顧客の満足する環境対策のもとでの製品供給に取り組みます。 (a)

潟AラオカのEMSは、PDCAが組み込まれ 継続的改善が働き続けるようにいたします。(b)

潟AラオカのEMSは、環境に関する最新の国際法・規制、基本となる日本国憲法と環境側面に関する諸法律・地方の条例の法的要求事項を遵守します。また、地域で特別に同意する同意事項等の要求事項の遵守も含みます。(c)

潟AラオカのEMSは、数値的環境目的・目標の実行とレビューを行います。(d)

潟AラオカのEMSは、確実にEMSを実行するため 必要な文書化・記録を実行し維持します。(e)

潟AラオカのEMSは、社内LANで最新版が常に見ることができるようにします。変更された重要事項は、週に一回全員が集まる昼礼で管理責任者から知らされ、所定の掲示板にも掲示します。(f)

潟Aラオカの環境方針は、ホームページで公開します。(g)


震災から3年になります。
ふくしま復興補助金を利用し、ソーラーパネルを追加で屋上に設置しました。環境保全を常に念頭に、多くの事柄の関係を考えながら行動して参ります。

「小さなことでも一人一人の努力の積み重ねが、環境・品質 を良くし、この美しい地球号に貢献している」
 
を信じて行動して参ります。
  • 2014年 1月 10日
  • 株式会社 アラオカ
  • 代表取締役社長 荒岡令治

ページの先頭へ